過去に故障や事故などで修理をしたこ

過去に故障や事故などで修理をしたことがある車は、万が一隠して買取査定に持って行っても一瞬で分かってしまうものです。車体のキズなどが軽く、それに見合った修理がされているならば一般的な修理車に含めて考えない場合もありますから、素直に話すことも重要でしょう。 (さらに…)

買取業者による中古車の査定では、複数のチェ

買取業者による中古車の査定では、複数のチェック項目ごとに基準値を設けてここはマイナス、こちらはプラスといった具合に客観的な値付けが行えるようになっています。減点評価が免れないものは、車体の外観の瑕疵(へこみ、中規模以上のキズ)でしょう。 (さらに…)

年間走行距離数は1万キロ前後と想定され

年間走行距離数は1万キロ前後と想定されています。
走行距離が50000kmを超えたあたりで多走行車という扱いになって査定時にもその程度ごとに減点対象となり、10万を超えた車は過走行車と呼ばれて金額をつけられないからと買い取りを断られるケースもあります。 (さらに…)

業者に車を査定してもらう際、新品に近いタイヤであれば買

業者に車を査定してもらう際、新品に近いタイヤであれば買取額アップの交渉をすることもできるので新品に近い状態であることが高い評価を得られるといえますが、状態の良いタイヤではなかったとしても、タイヤを新調するほどのことはありません。
交換のコストは査定額アップに見合いません。 (さらに…)